天皇賞春2019 平成最後の『前山千尋のサイン馬券研究所』

天皇賞春2019 平成最後の『前山千尋のサイン馬券研究所』

今日2本目のブログ、前山です

先週から土曜日に引っ越しました大好評?コーナー『前山千尋のサイン馬券研究所』です

 

今週もいろいろな時事ネタがありましたが、身の防ぎようのない交通事故とかどうしたら良いものかと思ってしまします。いきなりこんな話をしだして申し訳ないのですが私も妻と子を持つ立場として突然存在を奪われる状況になってしまう事を想像するだけでも胸が締め付けられますし泣けてきます・・・

事故の話だけでも腹立たしいのに元官僚という理由で刑事責任も問われない状況になりそうですしテレビ・新聞などのマスコミも報道を控えがちという日本社会のダメな部分がモリモリで最悪ですねこの感じ。

こんだけネット社会になってるんやからマスコミが情報操作しても『いい加減バレるっつうの』と言いたいですが庶民の声なんて届かないでしょうな。

 

すいません本題からそれましたがサイン馬券行きます

三浦皇成

いきなり三浦皇成と書きましたが。

 

これはもう各SNSやネット上でも話題になっているネタではありますが平最後の天賞なので三浦皇成

 

この日の為に生まれて騎手になったのではないかと言うくらいの勢いなのでベタではありますが激推しサインとします

 

もうこれだけでいいんじゃないかと私自身は思っていますが”サイン馬券”ファンの方に怒られそうなのでもう少し掘りたいと思います

 

明仁

明仁(あきひと、1933年昭和8年〉12月23日 – )は、日本の第125代天皇(在位:1989年〈昭和64年〉1月7日 – )[注釈 1]称号継宮(つぐのみや)、お印(えい)[1]。在位中は今上天皇(きんじょうてんのう)と称される[注釈 2]皇室典範に定める敬称陛下で、天皇陛下(てんのうへいか)と呼ばれる[2]

第124代天皇・昭和天皇香淳皇后の第一皇子大正天皇の皇孫かつ明治天皇の皇曾孫。

日本国憲法および現皇室典範下で初めて即位し、即位翌日より「平成」と改元された。また、東京都で即位の礼を挙げた最初の天皇である。

平成最後のG1天皇賞ということで『前山千尋のサイン馬券研究所』は令和を無視して平成の天皇陛下を調べていきたいと思います(言葉遣いに注意)

 

まず明仁という名前に絡んだ関係者はいるか

明→明治牧場(元号も絡んでいる)

仁→和田竜(ちょっと無理があるけど)

 

令和サインでも話題の和田騎手騎乗の”ヴォージュ”が推し馬になります

 

誕生日の12月23日はどうでしょうか

 

馬は出産のシーズンではないので騎手を調べましょう

一緒の誕生日はいませんでした

 

いろいろ誕生日ネタを調べていたら

ノースヒルズの前田幸治さんが皇太子殿下と同じ誕生日ということで、これ有名なのかよく解りませんが僕は初めて見たので今回のサインに入れときます(結局いれるんかい!!)

 

ということで横山騎手も皇太子殿下と一緒の誕生日なので入れておきましょう

まとめ

まずは三浦皇成騎乗で馬主が皇太子殿下と同じ誕生日というサインにまみれた馬”クリンチャー”

 

平成の天皇陛下の名前”明仁”の名前に絡んでいて令和の和にもからんでいる”ヴォージュ”

 

あと横山騎手もありますが『前山千尋のサイン馬券研究所』の激推し馬は

 

クリンチャー

ヴォージュ

 

とさせてもらいます

 

今回も最後まで見ていただいてありがとうございました

 

前山 千尋