弥生賞2019 『ウマゲノム辞典』で予想する

弥生賞2019 『ウマゲノム辞典』で予想する

おはようございます前山です

昨日は寝坊をしてしまいブログを

お休みしてしまいました・・・

今日は弥生賞の有力馬を『ウマゲノム辞典』を

使って解説していきたいと思います

カントル

こちらは”ワグネリアン”の弟です

前走はセントポーリア賞を勝ちました

ディープ産駒の初重賞というだけで今回は良い

と考えます。

鮮度のある状態の時は格上挑戦を好むディープ

産駒なので良いでしょう

日本ダービーと直結するレースで有名な弥生賞

ですので明らかに皐月賞よりダービーの方が

好走しそうな同馬なので今回の条件はかなり

よいのではないかと考えています

サトノラディウス

こちらもディープ産駒の馬です

”カントル”の所で書いた通りディープ産駒の

初重賞は好走率が高いのでこの馬も該当します

ただ同馬はレースを見ているとかなり”ズブい”印象

で私がイメージするディープ産駒とは違うので

”カントル”よりは評価が下がります

ダービーと直結するという観点から考えると

出せる上がりタイムが確実に遅いので今回は

軽視すると思います

ニシノデイジー

こちらはハービンジャー産駒です

前走はホープフルSを3着でした

同馬はハービンジャー産駒にしてはめずらしい

”馬群を割れる”ハービンジャー産駒で同じタイプ

やと”モズカッチャン”が同じタイプです

モズカッチャンと同じタイプのハービンジャー産駒

と仮定すると叩き良化型と思われるので今回は頭ま

ではないかなという印象です

普通のハービンジャー産駒の場合”ブラストワンピ

ース”や”ディアドラ”などは馬群に入るのを嫌い

揉まれない競馬を好みます。

外枠得意で少頭数も得意さらに休み明けも良いの

で今回の条件はぴったりなのですが、私の見解は

ニシノデイジーはモズカッチャンタイプのハービ

ンジャー産駒だと思うので良くて2・3着くらい

の評価です。

ブレイキングドーン

ヴィクトワールピサ産駒です

前走はホープフルS5着でした

同馬はG1ではダメそうなので今回勝負気配?

とも思いますがどうでしょうか。

私のヴィクトワールピサ産駒のイメージは

”ジュエラー”やシンザン記念2着の”マイネル

フラップ”のように極端な追い込みで速い上が

りを出して馬券内に入ってくるイメージなので

福永騎手がどう乗るかわかりませんが京都2歳S

のイメージで乗ったら良い結果になるかもしれ

ません。追い込み策なら買い

ラストドラフト

ノヴェリスト産駒です

前走は京成杯1着でした

この馬は母馬桜花賞馬”マルセリーナ”のほうが

有名でしょうか

ノヴェリストはウマゲノム辞典ではまだデータ

がないので正直よくわかりません

ただL系ということで今回のような少頭数の競馬

は向いていると思いますし、実際前走もそのよう

な競馬で快勝した訳ですから特に言うこともあり

ません。つまるところ前走と同じことをしたらお

のずと結果が出てくると私は思っています

皐月賞では揉まれて走らなさそうなので今回が走り

ごろでしょうか