有馬記念2019 人気馬3頭以外の考察

有馬記念2019 人気馬3頭以外の考察

お疲れ様です前山です

今日は有馬記念2019に出走予定のアーモンドアイ・リスグラシュー・サートゥルナーリア以外の馬の考察をしたのでブログに書いておきます

今回はアーモンドアイ・リスグラシューは確かに強いですけどこれだけのメンバーが揃うと何が来てもおかしくないので一頭一頭どういう馬なのか、今はどういう状態なのかを自分なりに考えました

有馬記念2019 人気馬3頭以外の考察

アエロリット

前走天皇賞秋を逃げて3着

あれだけのメンツが揃った相手にも怯まずに戦う闘争心は大したものだと思います

東京しか走ってない印象のある馬ですが中山も3回走って2着3回と悪くない戦績

高速馬場得意のこの馬にとって先週からの時計の出る前残り馬場は歓迎

雨が降って馬場が渋っても体力があるので問題無さそう

クロフネ産駒は長い距離では成績が悪いが小回りの2600だけは成績が良くブレーキを掛けずに単調なパワーで押し切れる競馬になれば距離は持つのでこの馬にとって距離が長い印象があるが乗り方次第ではワンチャンあるのではないかと思っています

レースの圧はアーモンドアイに集まるので前は楽になる筈

アエロリットの闘争心があれば面白い

ラストラン頑張れ

キセキ

前走は凱旋門賞7着

先行できず差しに回って馬群に入る最悪の展開も思っていたより投げ出すことはなかった

世界一を決めるレースで苦手な馬群に入り苦を味わった後の今回はうまく先行できれば前に行く位置取りショックを掛けれますし苦→楽になると思います

ロンシャン→中山の馬場ショックで『うひょー。めちゃ走りやすいわぁ日本の芝』とこちらも苦→楽を味わうと思います

しかしスタート直後のダッシュ力がない馬なので枠順配置が難しく内枠なら揉まれる可能性、外枠なら去年のように前半かなりの脚を使わされるリスクがあります

しかし去年の有馬は前半あれだけ脚を使ってさらに当日の馬場が外伸びのバイアスだったにも関わらず5着と掲示板を外さなかったのはさすがの一言。

凱旋門賞挑戦の影響がどれだけ出るかはわかりませんが日本では久々に人気の圧から解放されて競馬ができるのでこちらも楽しみな一頭です

フィエールマン

前走は凱旋門賞12着と惨敗

ロンシャン→中山でキセキよりこの馬の方が

『ヤッホーーイ!!やっと日本に帰ってキターーーーーー』となると思います

時計の速い馬場も歓迎

しかし日曜日は雨予報なので馬場が渋ると割引やと思います

天皇賞春勝利後休みを挟んで札幌記念3着

前哨戦負けはAJCCでもあったので許容範囲と思っていたが凱旋門賞の走りは馬場が合わなかったとはいえ淡泊すぎる

レース間隔を開けて鮮度を保ってきたがディープ産駒の牡馬らしく鮮度が切れてきて走りが少し淡泊になっていく傾向にあるような気がします

アーモンドアイ出走でルメールを失いましたし流れが悪いと考え軽視の方向

エタリオウ

天皇賞春以来後方からの競馬で馬券圏内を外す競馬が続いていたが前走のジャパンカップは-16キロと馬体重を減らしながらも果敢に先行して見どころのある競馬をしました

さすがに体力切れと内伸び馬場を終始外を回ってへばりましたが馬は確実に活性化されたと思います

今回はまず馬体重を増やしてくること

後方で競馬をすると物理的に間に合わないので内枠配置で先行できれば馬券圏内ワンチャンあると思います

クロコスミア

前走エリザベス女王杯2着

完璧な逃げで今年こそは勝ったと思ったがラッキーライラックに内から強襲を食らった

今回は強い馬に果敢に走る馬なのでどうかと思いましたが今回はさすがにキツイかなと思います

前走G1激走で疲労を抱えての出走になりますし延長ローテで展開的にも逃げれないので集中できずに投げ出すのではないかと思っています

前走がすべてにおいて好転していたので今回は苦を味わうと思います

この馬も今回ラストランなので頑張って欲しいです

ヴェロックス

前走は菊花賞3着

今年の菊花賞は時計の掛かるタフな馬場で行われたのでこの馬には合う条件だと思いましたが直線は案外伸びず

一番人気だったので圧もきつかった筈

ワールドプレミアにぴったりマークされてました(武騎手好騎乗)

秋2戦で神戸新聞杯2着→菊花賞3着からの2ヶ月の間隔が開いているので蓄積疲労はないはず

距離短縮も良いですしこの馬は広いコースよりも中山や阪神の内回り等小回りコースの方がパフォーマンスは良いので今回は良いと思います

今回は人気の圧が外れます

有力馬より内の枠に入って好位からサラっと抜け出す競馬がしたい所

相手なりに走る馬だが相手が強力なので外枠配置はキツイと思います

ワールドプレミア

前走菊花賞1着

神戸新聞杯までは少頭数での競馬を後方の位置取りで競馬をしていたが前走は多頭数の競馬で中団に付けて競馬しました

一番人気のヴェロックス徹底マークで直線でヴェロックスの内を突き快勝する武騎手の完璧なエスコート

今回は2ヶ月休養しての初古馬混合G1で鮮度もあり

疲労はおそらく抜けているかと

武騎手は菊花賞と同じ事をして今回は相手が強いので差し切れないと思いますが着拾いしてくると思います

しかし今回は着拾いの乗り方だと馬券圏内は厳しい良くて掲示板に入るくらいだと思うので軽視の方向

スワーヴリチャード

前走JC1着

前走は内枠・タフな馬場・距離延長・外国人ジョッキー乗り替わりと全てが好転していたローテ

内伸び馬場バイアスも相まって快勝

今回は短期疲労に弱いハーツクライ産駒なので前走の接戦勝ち後さすがに買える材料がありません

完全に楽→苦のローテになるのでこちらは自身の切り

シュヴァルグラン

今年は海外を主戦に競馬をしてきたが成績奮わず

帰国初戦のJCは9着

内伸び馬場を外を回した競馬になったが得意のタフな馬場での競馬にも関わらず惨敗

海外帰りで不調だったのかもしれませんが加齢のせいではしりがかなり淡泊になった印象

去年の有馬記念は雨が降って得意なタフな馬場外伸び外枠配置と条件が揃って3着に食い込んだが今年は時計の速い前残り馬場なのでこの馬には向かないと思います

雨予報なので馬場が渋ったらワンチャンあるかもしれませんが

まあ軽視の方向

レイデオロ

前走JC11着

ドバイ→宝塚→オールカマー→JCと走ってきたがいずれも馬券圏外

去年まで持っていた闘争心と集中力がどこに行ったのかというくらいの淡泊な走りになってしまった

ビュイック騎乗停止で騎手も決まらず

流れ悪いので軽視

スティッフェリオ

ステイフーリッシュとややこしい馬

ステイフーリッシュは2・3着の多い馬だがスティッフェリオは重賞3勝している

しかしG1になると圧がキツイのかパタッと走らなくなる

今回もアエロリットがいるので逃げれないと思いますしさすがに軽視

スカーレットカラー

前走エリザベス女王杯7着

この馬は強い相手に果敢に走るタイプの馬

マーメイド3着→クイーン2着→府中1着と好調で充実期を迎えていたが前走のエリ女はさすがに疲れを吐き出したのか惜敗

とはいえ勝ち馬から0.6秒差なのでそれほど負けていない

小回りコースも悪くないですし府中牝馬のあの狂ったような追い込みは正直この馬G1取れるんちゃうかと思ったくらいです

今回は前走で疲れは吐き出していると思いますし延長ローテで集中できなさそうですが初の牡馬もいるG1挑戦で前走よりもさらに圧がきつくなるのでこの馬の性格上投げ出さずにひたむきに走ってくれると思いますので高評価したいと思います

内枠引いて前走の増えた馬体重を絞ってきて集中できる状態を作ったらワンチャンあると思います

アルアイン

前走はマイルCS16着

今年の春は久々にG1を勝つ等活躍をしていましたが休養開けて秋の2戦は春にあった闘争心.集中力はどこに行ったのと言った感じの淡泊な走り

ここまで崩れてしまうとさすがに巻き返せるとも思えず軽視の方向

しかしこの馬を含めた全ての今回の有馬記念で引退する馬

この馬たちはやはりオグリキャップのような復活劇の可能性はあるような気がします(なんとなく)

特にアルアインとシュヴァルグランの昔乗っていた騎手への乗り替わりの馬達は少し気になります