カペラS2019 前山の予想発表

カペラS2019 前山の予想発表

おはようございます前山です

今日は阪神で『G1阪神ジュベナイルフィリーズ』が行われますが2歳戦はしないので今日はカペラSの予想をしていきたいと思います

昨日の予想結果

昨日は中京競馬場で行われたG3中日新聞杯の予想をしました

前山の予想は

◎ 4 サトノガーネット 1着

〇 6 アイスバブル   9着

▲11 タニノフランケル 14着

△ 3 カヴァル     12着

本命は来ましたが相手が抜けて馬券は外れ

なんで単勝買ってないねんアホアホアホ

アホです

本命が来たので嬉しさはありますがやはり馬券が当たらないと意味がないですね・・・

気を取り直して今日の予想をしていきます

カペラS 前山の予想

推定3ハロン

今回は逃げ馬が多いので逃げ争いが激しくなりそうですね

基本的には内枠を引いたゴールドクイーンがハナに立つのでしょうが

1 ドリュウ

タイムパラドックス産駒で母父ゴールドアリュールです

前6走は東京の1400ばかりで馬が飽きてきているかどうかは知りませんが今回久々に中山1200にコースが変わるのは良いショックだと思います

タイムパラドックス産駒も母父のゴールドアリュールも距離短縮は良い成績を上げる傾向にある点

最内枠が気になりますが去年の今の時期に中山の1200を最内枠で走っていて馬群に突っ込んで直線で差し込んでくる競馬をしていたので最内枠は心配していませんし今回はゴールドクイーンを初めに人気馬が逃げ先行馬ばかりなので完全に前に圧が掛かる展開になり直線はばらける展開になると思うので最後の急坂で一気に差し切る所まで想定しています

推定後半3ハロン1位ですし実際のレースでも上りタイム2位以上を連発する馬なので今回のレース展開は楽しみです

最近不調ですがなんやかんやでデムーロ騎手への乗り替わりも楽しみです

4 ゴールドクイーン

シニミニ産駒で母父タイキシャトルです

変化を好むシニミニ産駒なので今回の距離短縮・地方→中央への馬場ショックは〇

逃げ馬多数ですがこの馬がハナに立つと思ってます

毎年逃げ馬多数でハイペースになりますがハナに立った馬は馬券圏内に残る傾向にあるので相性の良い中山1200と相まって人気ではありますが外せないかと

とはいえ人気を背負って逃げる競馬をしたことがないので圧に耐え切れず飛んでくれたら万々歳ですが

3 ヒザクリゲ

ケイムホーム産駒で母父フレンチデピュティ

2ヶ月間隔で使われている馬

休み明け得意な血統なのでこの使い方はOK

前回は連続連対の疲れの掃き出しか出遅れて典さん得意のヤラズ競馬

前走走っていないので今回には良い傾向です

今回は前走が最後方での競馬になったので前に行く位置取りショックを仕掛けれます

基本先行馬ですが今回は展開を考えると差しくらいの位置取りがベター

推定後半3ハロンも4位ですし坂のあるコースも得意な体力のある血統なので直線急坂差し込みに期待

中央重賞初挑戦で鮮度もあり

7 コパノキッキング

スプリングアットラスト産駒で母父ゴールドヘイローです

スプリングアットラスト産駒がウマゲノム種牡馬辞典に載っていないので産駒傾向がわかりませんがデピュティミニスター系なんで米国型でMの法則のM3で行くとSL系と言ったところでしょう

前4走は地方での出走

昨年のカペラSは追い込みで勝ちましたが近走は逃げ先行脚質になりまとまった成績をあげています

1200ばかり走っていたので前走1400を挟んだのは今回にとっては良い

距離短縮・格下げ戦で挑む今回のレースは良い傾向

しかし連戦好走の疲労を今回吐き出すのはないかと思いましたが切るに切り切れずこの評価になりました

買い目

単勝  1

馬連  1-4

    1-3

    1-7

3連複 1→3・4・7

Mの法則布教活動

昨日のブログにも添付したNaotoさんの予想動画です

チャンネル登録10000人を年内に達成することを目指していらっしゃるので応援よろしくお願いします

 

 

そしてTwitterで有名なMの法則の使い手で僕の師匠『マジしゃん』さんが昨日からNoteでブログを再開されました

師匠の見解は本当に勉強になって面白いですしライターをされているだけあって文章(言葉の使い方)が絶妙で本当に素晴らしいです

普通の有料のNoteなら予想を見れないようにしてあると思うのですがマジしゃんさんのは予想が見れるようになっているので良心的というか他にない

僕は予想も気になりますがやはり有料部分の見解の方が気になります

マジしゃんさん カペラSの予想+全頭見解(100円)

https://note.com/tpws777/n/n97e45c868a09

 

 

それでは今日も競馬を楽しみましょう

 

前山 千尋