京都大賞典2019 予想発表

京都大賞典2019 予想発表

おはようございます前山です

今週は平日から地方の重賞が続き週末になって中央開催は東京・京都・新潟の3開催となり、さらに日曜の夜には凱旋門賞と中央競馬の重賞しか買わない前山はさほど関係ありませんが、がっつり競馬をされる方は忙しい週になっているようでお疲れさまです

今週は藤田菜々子騎手が初めて重賞を勝ったのと今日の新潟でも4勝をあげたということで絶好調で素晴らしいですね

秋も本番になり競馬もいよいよ本格的に盛り上がってきて年末のホープフルSまであっと言う間に過ぎていきそうです

京都大賞典 前山の予想

毎年少頭数での競馬になっていましたが今年は多頭数になりなかなか面白いメンバーも揃ったので楽しみなレースになりました

今日の馬場を見ていると約5ヶ月ぶりの競馬ということもあり連対している馬は前で競馬して内々を回った馬が連対していたので、前で競馬が出来る馬を重視して印を打っていきたいと思います

しかしハイブリッド競馬新聞によると京都大賞典の過去五年の勝ち馬は「上がり最速馬」が3勝しているのでハイブリッド競馬新聞の推定3ハロンの「後半3ハロン」上位5頭は注目しなくてはいけません

4 エタリオウ

ステイゴールド産駒で母父カクタスリッジです

この馬は成績が2着ばかりですが今春のG12戦は天皇賞(春)4着・宝塚記念9着と成績を落としました

春は日経賞も天皇賞(春)もマクリでの競馬が続きレースでの消耗度が高かったのではないかと見ています

宝塚記念の頃には体力的なおつりが無く9着と惨敗という結果になったと見ていますので宝塚記念はノーカンで良いと思っています

今回は内枠の4番を引いたので休養で体力も補完出来て良い状態での出走になると思うので先行する位置取りショックをかまして欲しいと期待しています

推定3ハロンの上がりベスト5を見てもグローリーヴェイズが圧倒的に上がりが速いのでグローリーより後ろで競馬をしていては届かないと思うので今回は先行してくれることを願っています

前回から騎手が横山典弘大先生なので奇策はお手の物なので下手したら逃げショックをかますかもしれません(さすがにないか)

トラックバイアスを生かして先行して4角先頭押し切りのような展開をイメージしています

16 グローリーヴェイズ

ディープ産駒で母父スウェプトオーヴァーボードです

今年に入って日経新春杯1着→天皇賞(春)2着と好調なディープ産駒です

正直枠番が出るまではこの馬は確勝で相手探しやと思っていたのですが16番に入ったので他馬も少しはチャンスがあるかと思いましたが結局対抗の評価になりました

前走天皇賞(春)2着→今回格下げ戦G2で開幕週の高速馬場では崩れる要素がありません

もっと評価を落としたかったですが今回のメンバー構成では同馬のポテンシャルが圧倒的やと思っているので対抗までしか落とせませんでした

11 アドマイヤジャスタ

ジャスタウェイ産駒で母父エリシオです

この馬は日本ダービーで本命にして馬体重マイナス16キロを見てひっくり返りそうになった馬です

ということで日本ダービーはノーカンで良いです

ここ数戦後方での競馬が続いていますが皐月賞は『すみれS少頭数→皐月賞多頭数』で後方での競馬を余儀なくされましたが次のダービーでは距離延長で先行する位置取りショックを期待しての本命でしたがマイナス16キロでレース中も精神崩壊していたので仕方ないです

今回は4ヶ月ぶりの競馬になり体力補完も完了しているので馬体重もしっかり増やして今回こそは先行の位置取りショックをかまして欲しいと思っています

今回乗る北村友一騎手はクロノジェネシスをオークスで先行させたように以外に位置取りショックをかましてくるジョッキーやと思っているので期待しています

ハーツクライ系のジャスタウェイ産駒の馬なので秋以降の成長力に期待してしっかり先行して穴を開けてくれたら嬉しいです

10 ウラヌスチャーム

ルーラーシップ産駒で母父フジキセキです

前走は札幌のクイーンS1800からの大幅な距離延長です

1800も成績は良いですが2000を越える距離でも好走していますしこの馬も今回は先行への位置取りショックを期待しています

京都大賞典は去年も一昨年も牝馬が連対しているのでそこも良い点だと思っています

後半の推定3ハロン5位の馬なので速い上がりも出せるのも良いと思います

買い目

馬連

4-10・11

16ー10・11

3連複

4・10・11・16 BOX