札幌記念2019 妄想インタビュー クルーガー編

札幌記念2019 妄想インタビュー クルーガー編

おはようございます前山です

一昨日から書いている札幌記念出走馬の妄想インタビュー

ありがたい事にこの馬をしてくださいとリクエストをもらいましたので今日はリクエストにお答えしましてクルーガーさんにインタビューをしてきました

妄想インタビュー クルーガーさん

前山:それでは今日はクルーガーさんに来ていただきました

クル:取材していただいてありがとうございます

前山:いやいやこちらこそレース前にすいません

クル:僕の所に来る人なんて珍しいから、今回だとフィエールマンくんやワグネリアンくんの所だけしか行かないでしょう

前山:僕もそうするつもりでしたがブログの読者の方にクルーガーさんの取材をしてきてくださいとリクエストをもらったので

クル:リクエストをしてくれた方ありがとうございます

前山:僕からもありがとうございます

前山:それでは戦績を振り返っていきます

前山:若い時は中距離を走っていたのですね

クル:はい2000を中心に走っていました

前山:4歳の春から重賞を走り出しますが中日新聞杯は6着と負けましたが次走のマイラーズカップは最内から抜け出して1着でした

クル:この時は1600が初距離でしたし格上挑戦も楽しかったので走る気はバリバリありましたね

前山:なるほど。しかし怪我をして1年休養に入ります

クル:走る気マンマンの時期だったのでこの時の怪我は辛かったね

前山:そうですよね。それで一年後のマイラーズカップに出走しますが流石に凡走します。そしてまた半年ほど休んで富士Sで3着に入ります

クル:かなり自信を失っていたんですがこのレースの3着は嬉しかったですね

前山:そしてG1マイルチャンピオンシップに出走しますが7着と負けました

クル:怪我する前にG1で走りたかったですけど、この時なりにベストは出せたと思います

前山:年が明けて京都金杯を2着でした

クル:前走のG1戦から格下げで走りやすかったです。この時は大外枠だったので内枠に入ればもっと競馬はしやすかったと思いますがこの時はブラックムーンくんが強かったですね

前山:その後マイルを3戦して凡走です

クル:とにかく僕のローテは東京のマイルと京都のマイルを走っているだけなんで飽きてくるんですよね。阪神とか中山とかでも走りたかったしマイルだけじゃなくて違う距離も走りたかったです。

前山:まんねり感が出てきた所にいきなりダート戦が来た訳ですね

クル:はい

前山:ダートを走った感想はどうですか?

クル:初ダートでいきなり強い馬がいっぱいいる武蔵野Sだから好走はできなかったけど楽しかったよ

前山:やっぱり馬場ショックを掛けると良いんですね

クル:馬によると思うけど

前山:もう1戦ダートを消化していよいよオーストラリア遠征のお話を伺います

クル:楽しかったですよ!!

前山:見ていても走りにやる気を感じました!!

クル:距離も久々に2000を走ったから面白かったです。2着だったけど1着の馬はオーストラリア最強牝馬のウインクスだったからよく頑張ったと自分でも思うよ

前山:それでは札幌記念のお話を伺います。中間はどう過ごしていましたか?

クル:ノーザンファーム空港牧場で休養と調整をしていました

前山:外厩調整ですね?

クル:はい。とはいえ今回は秋のオーストラリア遠征の前哨戦なので本気の仕上げではないです。ただ日本で久々に2000で走れるのは楽しみです

前山:枠はどのあたりが良いですか?

クル:内~中枠が良いです

前山:一昨年の札幌記念は内枠のキンカメ産駒で1.2.3着独占したレースがあったのでああいうイメージのレースですね

クル:はい

前山:お父さんのキングカメハメハさんが先日亡くなったので好走したらお父さんも喜びますね

クル:そうですね

前山:このところのダート出走と海外遠征。久々の日本での2000でのレースと面白い存在の馬だと思っているので頑張ってください。今日はありがとうございました。

クル:ありがとうございました