札幌記念2019 妄想インタビュー ブラストワンピース編

札幌記念2019 妄想インタビュー ブラストワンピース編

おはようございます前山です

本日2本目のブログは妄想インタビュー、ブラストワンピース編です

妄想インタビュー ブラストワンピースさん

前山:それでは今日は昨年の有馬記念の覇者ブラストワンピースさんに来てもらいました

ブラスト:お願いします

前山:僕ブラストワンピースさんのファンなんですけど握手お願いしても良いですか?

ブラスト:あー喜んで

前山:僕はブラストワンピースさんのような非根幹距離に強い馬が好きなんですよね。今までで一番好きだった馬はグラスワンダーさんなんで。あとシルクジャスティスさんも好きでした。

ブラスト:おー!!シルクジャスティスさん

前山:ブラストワンピースさんはシルクジャスティスさんとよく似たタイプだと思っているのですが

ブラスト:僕はまだまだG1を取っていきたいですけど

前山:あー!!そういう意味じゃなくて・・・

ブラスト:いやいや冗談ですよ

前山:今日はブラストワンピースさんには今までの戦績を振り返ってもらうのと札幌記念への意気込みを伺いたいのですが、その前に最近のローテと騎手変更などのブラストさん周辺が少しゴタゴタしているように思うのですがそのあたりはどうか伺いたいのですが

ブラスト:まあコメントは差し控えたいのですが・・・

ブラスト:僕は走るだけなんで・・・

ブラスト:凱旋門賞のチャレンジする馬の中で僕が一番手ではないという事が問題なので自分が強くなれば良いだけの問題だと思ってます。ただ前走の目黒記念の59キロはきつかったです

前山:ファンとしては宝塚記念に挑戦して欲しかったのでなんで目黒記念やねんと思いました

ブラスト:いろいろあるんです・・・

前山:僕みたいな庶民にはわかんないんですけど、ノーザンのクラブ馬の使い分けとか本当に止めて欲しいですしG1レースは強い馬同士のガチンコ勝負が見たいので

ブラスト:・・・

前山:すいません。もう止めますね(苦笑)

前山:それでは戦績を振り返ってもらいます。

前山:2歳の11月にデビューして勝ち、少し休養して3歳の一戦目ゆりかもめ賞の勝ち方が強かったので注目されました

ブラスト:ここはメンバーも弱かったですし鮮度もあって充実している時期だったので走りやすかったです

前山:その後毎日杯で重賞初挑戦で大幅な距離短縮さらに最内枠と結構ハードルが高い挑戦になったと思いますが

ブラスト:この時期はデビューして間もなかったですし僕も充実していたので走る気がマンマンでしたので全てのハードルをクリアしましたね

前山:このレースは2着はギベオンさんで3着は今年の安田記念を勝ったインディチャンプさんなんで今考えるとレベルの高いレースでしたね

ブラスト:彼らに勝てないとG1で勝負できないでしょ

前山:まあそうですね(苦笑)

前山:そして間隔を9週開けていよいよダービーへ挑戦されましたがどうでしたか?

ブラスト:やっぱり雰囲気が全然違いました

前山:馬体重が+10キロでしたが体は重たくなかったですか?

ブラスト:全然重たくないしダービーなんで完璧な仕上げだったと思いますよ。少し休んでいたので馬体重増は当たり前でしょう。むしろ減っていたらおかしいですから

前山:それは間違いないですね

前山:レースは前目でレースを進めて展開的には申し分ない競馬だったと思うのですが

ブラスト:道中は良い感じで進めてました

前山:ただ直線で馬群を割ろうとしましたが詰まりましたね

ブラスト:まだ鮮度がある状態だったので馬群は割れないことはないですけど根本的には馬群を割るのは好きではないですしダービーに関しては僕よりディープ産駒のワグネリアンくんの方が条件的には合っていると思ってます

前山:ブラストさんは量もありますが体力とパワーで走るタイプの馬ですからね

ブラスト:ワグネリアンくんは量でビューンと走るからダービーでは強いよね、完敗です

前山:次は古馬初挑戦となった新潟記念を振り返ってもらいましょう。このレースは強かったです!!

ブラスト:僕は自分より弱い相手に強いので格下げ戦になった新潟記念では走りやすかったですし古馬初挑戦で鮮度もあったので、しかも広いコースの走りやすい新潟コースでしたし

前山:このレースは量でビューンと行きましたね

ブラスト:このレベルだと量で押し切れます

前山:なるほど、それにしても最後方から直線一気だったので本当に強い競馬でした

ブラスト:ありがとうございます

前山:強かった新潟記念から3冠レース最後の菊花賞です

ブラスト:このレースはスローの上がり勝負になったから分が悪かったよね

前山:勝ったフィエールマンさんに向きました

前山:位置取りも後ろになりましたが

ブラスト:池添さんは距離が長いと思っていたのでしょうね

前山:まああの上がり勝負のレースではブラストさんには分が悪いですね

ブラスト:はい

前山:さあそしていよいよ有馬記念になります。

ブラスト:いろいろ条件がハマりましたね。雨が降って外伸び馬場になったのも良かったですし

前山:位置取りも菊花賞より前に付けて位置取りショックをかけましたしブラストさんは短縮ローテの方が走りますね

ブラスト:はい。短縮得意です

前山:つまり今回の札幌記念は良いですね

ブラスト:はい。良いと思います

前山:レイデオロさんをマークする展開になると思ったのですが強気に前に行って勝ったのはカッコいい勝ち方でした

ブラスト:そこは池添くんがすごいと思いますよ

前山:古馬になって大阪杯に挑戦しました。1番人気でしたが6着でした

ブラスト:調子が悪かったです

前山:休養明けでマイナス体重はおかしいですよね

ブラスト:はい。なので負けた理由ははっきりしているので問題ありません

前山:レース自体も前に行かないとダメな展開だったので調子が悪かったので位置取りも後ろになったと言う考えでよろしいですか?

ブラスト:はい

前山:では前走の目黒記念になりますが、まず斤量が59キロでしたがどうでしたか?

ブラスト:重たかったです

前山:直線向いて手応えが良かったので好勝負になるのかと思いましたが沈んでいきました

ブラスト:完全に斤量が重かったのが原因です

前山:ではここ2戦は敗因がはっきりしているという事ですね

ブラスト:はい

前山:では今回の札幌記念のお話を伺います

前山:まずは前走から騎手がゴタゴタしましたがなんと川田騎手に乗り替わりというビックリした乗り替わりになりました

ブラスト:川田さんキセキ降ろされたんですね

前山:そうみたいですね

ブラスト:川田さんだと先行押し切りの競馬をすると思うので今回の札幌記念に関しては僕と川田さんとの相性は合うと思います

前山:パワーのあるブラストさんなんで洋芝は絶対に合いますよね

ブラスト:洋芝は合います。小回りも有馬記念を勝っているので問題ないです

前山:しかも今回は得意な短縮ローテですからね

ブラスト:はい。ここ2戦情けない競馬が続いているので今回は良い結果を残したいと思っています

前山:枠はどのあたりが良いですか?

ブラスト:鮮度もないので中~外枠が良いです

前山:あとは休み明けなのでプラス体重の方が良いですよね

ブラスト:マイナス体重なら切ってください

前山:了解しました

ブラスト:函館過ごしやすいので体調はばっちりです

前山:元気そうでなによりです。それでは札幌記念への意気込みをお願いします

ブラスト:ここ2戦情けない結果になっているので今回は結果を出していきたいと思っています

前山:ファンなので応援しています

ブラスト:ありがとうございました