宝塚記念2019 血統予想 有力馬考察 予想発表

宝塚記念2019 血統予想 有力馬考察 予想発表

おはようございます前山です

今日の表紙は思い出の宝塚記念ということでゴールドシップが大出遅れした宝塚記念で前山が珍しく3連複を当てたレースです

このレースはとにかく牝馬を買っておけ的な感じでラブリーデイ・デニムアンドルビー・ショウナンパンドラの3頭BOXで3連複を当てるすごい当て方をしたのですが、そもそもラブリーデイを牝馬だと勘違いしていたという・・・

そんな感じで良く当たったなと思いますが当たる時はそんなもんなんですね

 

それでは今日は全馬考察と予想を一気に書いていきたいと思います

 

 

思っていたより割れた人気になりました

 

確かにすべての人気馬が不安要素を抱えているように思えますのでこういうオッズの割れ方になったのでしょうか?

 

とにかく少頭数でノーザンファームの使い分けがありながらも個性的な好メンバーが集まったので楽しみなレースで予想も楽しく出来そうです

 

では予想をしていきましょう

 

有力馬考察

有力馬考察の前に私が思う展開予想です

 

逃げが予想されるキセキは逃げ馬のイメージがあるかもしれませんが過去のレースを見てもらえば解るのですがまずスタートが遅い、さらにスタート直後の脚がそれほど速くなくまず逃げれるのかが心配になってきます。

 

大阪杯のスタートを見てもらいましょう

五分くらいに出て

 

あれっ?

 

馬群にハマるぞー!!

 

 

セーフ!!

 

と言った感じで自分の思い通りの位置取りを確保するまで結構な時間を毎レース要してしまいます

 

なのでいつも戦績が2・3着になっちゃうんだろうなと個人的には思います

 

そんなキセキさんが最内枠に入ってしまったのでまず逃げれるのかという心配が一つ出てきます

 

大阪杯を見るとアルアインやスティッフェリオの方が行き足があるので社台グループの馬達が逃げさせまいと若しくはキセキさんが逃げても前半に脚を使わせてしまおう作戦を仕掛けてくると思うのでキセキさんにはかなり大変な展開になると思っています

 

そんなキセキさんを見ながら競馬をするであろうアルアインさんも今回は人気を背負っての競馬になります

 

前走は9番人気だったので他の騎手の意識は全然ない状態でのレースだったので楽に競馬が出来ましたが今回はそうもいきません。

 

先行勢にキセキ・アルアインといてその2頭を見ながら早めに動いてくるであろうレイデオロという事で今回は早め早めの競馬になりそうなので今回私はレイデオロより後ろに位置取りしそうな馬に重い印を打ちたいと思っています

 

1 キセキ

前半で無駄な行き足を使って逃げ・先行をしても強い内容の競馬をしていつも2・3着を確保するので強い馬だとは思います。

ただ他の馬が人気馬が海外遠征後などで本来の能力を出せなかった場合はこの馬が残る可能性はありますが基本的には前に書いたように思う展開に行き着くまでの時間が掛かりすぎるのと今回逃げれなくて馬群に入るリスクもあると思っているので軽視する方向です

この馬はキタサンブラックではないので厳しいレースで勝ち切るまでのイメージができません

 

2 レイデオロ

父キングカメハメハ 母父シンボリクリスエスです

今回の出走メンバーで実績は一番ある馬ですが今回気になるのはやはり海外帰りのローテでしょう

でも海外遠征帰りの馬は単純に輸送が大変なのは解りますが検疫でどんなことをしているのかよくわかっていないので調べたら良いサイトが見つかったのでレイデオロの考察の途中ですがリンクを貼っておきます

 

競走馬の海外輸送方法とレースへの影響(競馬情報)

https://www.keibainfo.jp/1462

 

帰国した馬が受ける検疫(okeraの万馬道一直線)

https://ameblo.jp/okeratomo/entry-12168098331.html

 

これを読むとやはり海外遠征は大変なんだなと更に思ったのでレイデオロ等、海外遠征の馬は評価を落としたいと思います

 

前走海外出走馬の宝塚記念の成績(過去10年)

前走場所 着別度数 勝率 連対率 複勝率
海外 0- 3- 1- 12/ 16 0.0% 18.8% 25.0%

 

馬券になった馬

ワーザー      2着 (香港G3)

ドゥラメンテ    2着 (ドバイシーマ2着)

ジェンティルドンナ 3着 (ドバイシーマ2着)

ルーラーシップ   2着 (香港QESⅡ 1着)

 

ここで強調したいのは当時圧倒的な強さを誇っていたドゥラメンテが2着に敗れたことです

このメンバーでは一番強いイメージの同馬ですが海外帰りのローテと阪神2200という特殊なコースが相まって今回は着順を落とすと考えます(良くて3着)

 

3 エタリオウ

父ステイゴールド 母父Cactus Ridgeです

前走の天皇賞はポツン騎乗で負けたのは明白なので流石の典さんでも今回ポツンは無いでしょう

距離も3200よりは今回の2200の方が良いと思いますし今回の重たい馬場(京都の高速馬場より)の阪神2200という舞台設定はこの馬がもしかしたら勝ち切ることができるのではないかと思わせてくれる条件です

最近はあまりステイゴールド産駒は来ていませんがもともと個性派のステイゴールド産駒が勝つことが多いレースなのでエタリオウにとってはチャンスなのではないかと思います

典さんはおそらく隣に入ったレイデオロをマークする筈なので展開的にも有利だと思っています

 

4 アルアイン

父ディープインパクト 母父Essence of Dubaiです

皐月賞も前走も人気のない時は楽な展開で先行して押し切れますが今回は4・5番人気でそこそこ注目されて先行する展開だと良くて4・5着。

前走勝ちきった疲労もあるので今回はいらないと思います

 

7 マカヒキ

父ディープインパクト 母父フレンチデピュティです

マカヒキはダービーを勝っているので軽い馬場の瞬発力勝負に強い馬だとずっと思っていたのですが違いました

今回私は前で競馬する馬がかなり厳しい展開になると思っているのでレイデオロより後ろで競馬する馬を本命にしたいのですがこの馬は本命候補の1頭です

弥生賞・皐月賞・札幌記念などがそうですが重たい馬場で小回りの競馬場で前が厳しい展開を追い込んできて勝ち切りはしませんが2・3着に入ってきます(鮮度時の弥生賞は勝った)

展開的にレイデオロの直後の位置が一番おいしい位置取りやと思いますがそこにはエタリオウ・スワーヴ・リスグラシューあたりが位置取ると思います。そいつらを見る形の展開でしょうが今回は確実に伸びてくると信じているので勝ち切りまでは想像できませんが高評価です

 

11 スワーヴリチャード

父ハーツクライ 母父Unbridleds Songです

平日は本命にしようと思っていましたがレイデオロのところに貼ったリンクのホームページを見て評価を落としました

やはり海外遠征直後のレースは馬にとって厳しくなるのは間違いないのだろうなろと思います

 

展開的にはレイデオロを見ながらレースを進めると思うので展開的には有利だと思います

ただ最近のレースを見ると去年の春までのような荒ぶる感じが身を潜めているような気がするのでそこが気になります

スワーヴと言えば折り合いに苦労するくらいのレースぶりや有馬での右寄れなどの荒くれ者の感じが走りのバロメーターのような気がするので前走の最後方で折り合った感じのレースは正直物足りなさを感じます

 

12 リスグラシュー

父ハーツクライ 母父American Postです

この馬も海外遠征組で評価を落とす1頭ですがこの馬は買いたいと思います

おそらくレイデオロをマークする展開になると思っているので私的には展開有利になるのではないかと思っています

戦績を見ると東京の軽い馬場よりは時計の掛かるタフな馬場の方が良い感じがしますし根幹距離より非根幹距離の方がG1を勝てるチャンスがある馬だと思うので今回は高評価します

今回は前が厳しい展開になるのでこの馬には向くと思います

 

前山の予想

◎ 7 マカヒキ

◯ 3 エタリオウ

▲12 リスグラシュー

 

いろいろ書きましたが好きな馬を本命にしました

宝塚記念なので迷った時は好きな馬を買うのが良いと思いました

 

買い目はfacebookとtwitterで発表します

facebook  前山千尋

https://www.facebook.com/milliontomo

 

twitter 前山千尋2

https://twitter.com/eRUGdmBn2G72quh

 

それではみなさん良い宝塚記念を

 

前山 千尋