安田記念2019 全馬考察

安田記念2019 全馬考察

こんばんは前山です

 

今日は娘が寝てブログを書く時間ができたので安田記念の出走の全馬を考察していきます

 

 

ケイアイノーテック

今年はダートも走ったりショックを掛けていますが全てハマらず

NHKマイルで全て出しきってしまった印象で今回も消し

 

アエロリット

去年ヴィクトリアマイル4着→安田記念2着で今年も海外遠征があってヴィクトリアマイル5着→安田記念?着といった感じですが戦績を見ると牡馬混合のレースの方が走りますし、過去の安田記念の好走馬を見るとS系の馬が多いのでこの馬に合うと思います。

この馬はロゴタイプのように安田記念でリピートする馬ではないかと思いますますので高評価します

個人的にはやはりノリ騎手の方が良かったですが戸崎騎手も最近好調なのでどう乗ってくれるか注目です

 

サクラアンプルール

距離不足ですし流石にないでしょう

 

サングレーザー

この馬はどの条件でもそこそこ走る馬というイメージで去年のマイラーズCのような高速馬場のレースでも走るし札幌記念のような中距離の時計の掛かる小回りのコースでも走るし傾向が読みにくいと言うかM系でどの条件でも破綻なくG2では勝ち切るけどG1では勝ちきれない典型的なタイプだと思います

着順も安定していましたが前走の大阪杯はボロ負けだったのでディープの牡馬ですし、いよいよ鮮度が切れたかと言った感じですが今回は距離短縮で内枠引いて岩田騎手が乗るのでイン付きを期待して3着くらいまでならあるかなといったところです

 

インディチャンプ

ステゴ産駒のC系馬で前走は少頭数のスローでダノンプレミアムをマークして、いつもより前で競馬していましたが当然厳しいペースを馬群に入れて良さが出るC系馬なので当然のごとく惜敗しました。

今回は前走よりペースが厳しくなりますし内枠に入ったので期待大なのですがここ数年の高速馬場化してからÇ系馬が1.2着に来ていないので今回この馬は軽視しようかと思っています

 

グァンチャーレ

前走逃げショックをかまして今回も逃げるのかどうかはわかりませんがペースはかなり厳しくなると思うので今回は軽視します

 

モズアスコット

去年の勝ち馬で去年は異例の連闘ローテで勝ちました。

フランケル産駒はソウルスターリングのように一度調子を落とすと上がってこないのでこの馬も本来なら消しで良いと思うのですが『前山千尋のサイン馬券研究所』の推奨馬なので少し買います

 

ステルヴィオ

前走あまりにもボロ負けで安定した成績を残していた馬なのでどうしたのかなと思っていましたがノド鳴りが発症したとのことですね。

ノド鳴りの馬は当然買いたくないのですがこの馬は短縮ショッカー対象馬なのと先週ダービーでサートゥルナーリアをぶっ飛ばしたレーン騎手ですが目黒記念も今日の鳴尾記念も勝ったのでこの流れで安田記念も勝ってしまうのではないかといった感じですね

ロードカナロア産駒は短縮ショックが良く効きますしノド鳴りがなければノーザンファームクラブ馬2番手に期待されている馬だと思うので思い印を打つと思います

 

スマートオーディン

阪急杯で鮮烈な復活Vをした馬ですが。フジキセキ系の種牡馬の仔なので1600→1400ローテが良く今回の1400→1600ローテはダメだと思うので消しです

 

フィアーノロマーノ

ダービー卿を高速馬場で勝ってそれ以来の競馬。ウマゲノム種牡馬辞典ではfastnet rockはM系と書いてありますが同馬のレースを見るとS系だと思います。

ここ数年モーリスやロゴタイプなど強い馬ですがダービー卿~安田記念のローテが馬券になっているのでこの馬も押さえで買いたいと思います

 

エントシャイデン

この馬はディープ産駒の初G1で鮮度があるので普通に買います

出遅れなくて位置取りショックをカマしたら以外に3着とかあるかもしれないですよ

なんせディープなんで侮れないと思います

 

ロードクエスト

この馬も1400か左回りで成績は上がりますが流石に今回はないでしょう

 

ペルシアンナイト

デムーロ騎手なので怖いですがこの馬は高速馬場で走るイメージがないですし短縮ショックも効きそうにないですしS質もないので軽視します

 

アーモンドアイ

さあいよいよきました今回の主役。

枠もダノンプレミアムを見て競馬が出来る好枠を引きました

ヒノくん著書の『政治騎手2019 パッセンジャー』に川田はルメールのラビットと書いてあって過去のG1レースを振り返ると本当にそうだなと納得してします

今回もダノンプレミアムをベタマークするのか自信マンマンで後方から競馬するのかよく解りませんが私はどちらにしてもあまり良くないのではないかと思っています

ジャパンカップは2400の内しか伸びない高速馬場を2番手で追走して楽勝しましたが今回は高速馬場のマイルでダノンプレミアムをベタマークした場合、前半に余分な脚を使ってしまう恐れがあるのではないかと思います

後方で競馬をしても今の内伸び高速馬場で届くのかという心配もあり今回は馬券を買っても2着までの馬券しか買わないと思います

 

ダノンプレミアム

アーモンドアイにマークされる最悪の枠ですし楽に先手を取れる内の方の枠が良かったのは間違いないと思います

ただこの馬のレースを見返すととにかくスタートセンスが無茶苦茶良いのでダノンプレミアムのスピードがあれば楽に先手が取れるのではないかと思っています

あまり揉まれる競馬も良くない馬なのであまり内枠よりは外枠の方が良かったと思います

古馬になって初のG1挑戦なので鮮度バリバリのディープ産駒で今回が走り頃でいよいよピークを迎えた感があります

マイラーズCを勝った馬が来ていないデータがありますがダノンプレミアムはこのデータをぶっ飛ばすくらいのポテンシャルは持ち合わせていると思うので間違いなく重たい印が入ると思います

 

ロジクライ

前走の1400からの延長ローテは良いと思うのですが内枠が欲しかったのとハーツクライ産駒なので外国人ジョッキーに乗って欲しかったので今回は軽視です

 

まとめ

以上全頭考察を行いましたが今回はここ数年S系の馬が連対をしているのでS系の馬を中心に馬券を買っていきたいと思います