日本ダービー2019 サイン予想『前山千尋のサイン馬券研究所』

日本ダービー2019 サイン予想『前山千尋のサイン馬券研究所』

おはようございます前山です

 

さて今週も土曜日を迎えてこのコーナーがやってきました

 

今週もいろいろなニュースがありました

・上原浩治引退

・田口淳之介・小嶺麗奈逮捕

・グーグル ファーウェイへのサービス停止

 

まあざっとこんなところでしょうか?

 

個人的にはファーウェイのスマホを使ってるのでグーグルのサービスが使えなくなるとちょっと性能の良いガラケーになってしまうので変えないといけない手間とお金が必要になってくるので困ってしまう訳ですが・・・

 

果たしてどうなるのやら

 

さて今週取り上げるのはやはり上原浩治引退の方にします。

 

さすがに大麻で逮捕された人がサインになるとは考えにくいので

 

上原浩治引退

上原 浩治(うえはら こうじ、1975年4月3日 – )は、大阪府寝屋川市出身の元プロ野球選手投手)。右投右打。

メジャーリーガーで、2013年にはMLBで日本人初のリーグチャンピオンシップおよびワールドシリーズ胴上げ投手ともなった。NPB時代に20世紀最後の沢村栄治賞を受賞。2018年に日米通算100勝100セーブ100ホールドを達成した。2019年5月20日、引退を表明[1]

wikipedia引用

 

上原といえば1年目で20勝をしたすごい投手ですが、その20勝がかかったリーグ最終戦のヤクルト戦で松井秀喜とペタジーニのホームラン王争いが掛かっていて敬遠のサインがチームから出たので敬遠したあとマウンドを蹴り上げて泣いていたのが印象的です

 

敬遠した次のペタジーニとの対戦では勝負してヒットは打たれたものの結局勝利して20勝に到達したというカッコいいエピソードですね

 

私は出勤の車の中では毎朝ABCラジオ『おはようパーソナリティ道上洋三です』を聞いているので阪神ファンではないですが巨人よりは阪神の方が好きです

 

阪神が勝った次の日はいつも道上さんと一緒に六甲おろしを歌います(関西の方しか解らないと思うが)

 

でも上原は結構好きだったので引退は残念ですが記録にも記憶にも残る素晴らしいピッチャーでした

 

お疲れ様でした

 

さて本題(最近本題に行くまでがなげぇー)

 

まずは例のごとく上原投手の誕生日を掘りましょう

 

4月3日ということで馬の出産時期と被るので誕生日一緒の馬がいるかも!!

 

なんと!!

 

おうまたん引用

 

オジュウチョウサンが一緒の誕生日でしたー(関係ない)

 

宝塚記念の週だったら良かったね(最近このパターン多い)

 

でも

 

 

出たー!!バシシュー誕生日一緒!!

 

ということでシュヴァルツリーゼがまず候補馬となります

 

 

次に背番号19で馬番1.9と行きたい所ですが少し勉強しまして

 

keiba-labさん引用

 

サイン馬券をされている方には基本らしいのですが正逆番という考え方があるらしく

 

このロジックですと18頭立てだと正循環で19=1番となるので1番と1番の逆番で18番が推奨馬(ちょっと本格的になってきた)

 

1 :ロジャーバローズ

18:シュヴァルツリーゼ(また出てきた!!)

 

後は通算勝利数です

 

通算勝利数は134勝となってます

 

馬番1・3・4はさすがに考えづらいので枠番1・3・4で推奨します

 

枠番だとサートゥルナーリアダノンキングリーもいるので

 

とはいえここにもロジャーバローズは入っています!!

 

まとめ

まず上原投手と同じ誕生日の馬もしくは競馬関係者で

 

石橋脩騎手

 

背番号19の正逆番理論で

 

1 :ロジャーバローズ

18:シュヴァルツリーゼ

 

通算勝利134勝で

 

枠番1・3・4を推奨。こちらにもロジャーバローズが入りますので

 

 

前山千尋のサイン馬券研究所では

 

1 :ロジャーバローズ

18:シュヴァルツリーゼ

 

の2頭を推奨させていただきます

 

上原投手本当にお疲れ様でした

 

前山 千尋