日本ダービー2019 妄想インタビュー  サートゥルナーリア編

日本ダービー2019 妄想インタビュー  サートゥルナーリア編

おはようございます前山です

 

今日から新たな試みで”妄想インタビュー”と題しまして前山が記者になってお馬さんにインタビューをしに行く設定でブログを書こうと思っております。

 

ふとひらめいたので少しお付き合いください

 

不評なら潔くやめます

 

で今日はサートゥルナーリアに前山記者が話を聞きに行きました。ではどうぞ

 

サートゥルナーリア

 

前山:今日は異例のローテーションで皐月賞を制したサートゥルナーリアさんに話を伺います。皐月賞はおめでとうございました

 

サートゥル:おうっ

 

前山:ホープフルSからの休み明けで皐月賞はどうなるのか今までにないローテーションだったので競馬ファンも注目していましたが強い内容でした。皐月賞を振り返っていただきますか?

 

サートゥル:スタートは苦手やないからちゃんと出れたわ。道中12番て言うこともあったから外を回される展開になったけど他の人気馬を見る形の良い展開になったからアドマイヤマーズをマークしてたけどヴェロックスの方が手応え良さそうやったから4角ではヴェロックスの動きに合わせて動いて行ったわ

 

前山:直線は激しい攻防でした

 

サートゥル:ヴェロックスの奴ぶつけにきよったから痛かったわぁ。ルメールもムキになってしもて更に俺の体をつこてぶつけにいきよったから痛て痛てたまらんかったわぁ。俺はノーザンファームの今年一押しの馬なんやで大事に扱ってほしいでホンマに

 

前山:着差こそなかったもののローテーションを考えると本当に強い内容でした

 

サートゥル:おうっ

 

前山:でレース後ですがどう過ごされていましたか?

 

サートゥル:さすがに皐月賞は久々やったし初めて本気で走ったから疲れたわ。ほんでノーザンファームしがらき言うとこ行って、そこでもビシバシしごかれて一押し馬言うのも大変なんやでわかってくれるか?ほんで栗東に帰ってきたけど栗東の方が楽やわ。角居先生やさしいし。

 

前山:それではダービーの話になりますが初の東京競馬場での競馬になりますがどうでしょうか?

 

サートゥル:走ったことないからわからんけど広いコースは苦手やないから大丈夫やと思うけど左回りは初めてやからそこはちょっと心配かな、でもエピファネイア兄ちゃんは東京コース得意やったから俺も得意やと思うけど。とにかくやってみやんとわからん

 

前山:距離の2400についてはどうでしょうか?

 

サートゥル:2400は大丈夫やしそもそもこの時期なんて2400走ったことない馬ばっかりやから折り合いさえつけば大丈夫なんとちゃうか?俺は折り合いに関しては自信があるから大丈夫やで

 

前山:展開としてはどういうイメージで走りたいでしょうか

 

サートゥル:今回はヴェロックスをマークして競馬する形になるやろな。川田はなんでもかんでも先行やからマークする方としては楽やで

 

前山:馬場も高速馬場で前目で競馬した方が良さそうなのでヴェロックスをマークする形は良さそうですね

 

サートゥル:おう。東京は高速馬場らしいから怪我せんように気をつけるわ

 

前山:今回はルメール騎手が騎乗停止でレーン騎手に乗り替わりですがどうでしょうか?

 

サートゥル:俺強いで誰が乗っても勝てるけどレーンやったら大丈夫やろ

 

前山:乗り替わりでダービーを勝った馬がいないと言うデータもありますが

 

サートゥル:そんなん俺には関係ないわ。そもそも1番人気の馬で乗り替わりなんて今までそんなにないやろ。競馬も新しい時代に来てるんやから過去に振り回されとったらあかんで。そやで前山くん馬券当たらんのやわ。

 

前山:仰る通りでございます・・・それでは最後に意気込みをおねがいします

 

サートゥル:俺の馬券を買わんだら負ける。ケイタササグリ見てみい、あいつ2890万俺にぶち込もうとしてるやろ。あれが正解や

 

前山:今日はお忙しい中ありがとうございました。ダービー頑張ってください

 

サートゥル:おうっ

 

以上現場からでした

 

明日はヴェロックスさんに話を伺います

 

前山 千尋