オークス2019 予想結果発表

オークス2019 予想結果発表

おはようございます前山です

 

本当は日曜日の夜に書きたい結果ブログなのですが、昨日は娘が起きていたのと私も仕事が忙しくて土曜日も仕事だったので昨日は担当の家事に負われて疲れていたので8時半には寝てしまい今に至ります

 

facebookやTwitterに書いた通り予想を十分に出来なかったですし自分の予想に全然ピンと来なかったのでこの予想では今の流れを断ち切れないだろうなと思い馬券購入をパスしました(家事もたまっていたし)

 

前山家の夕食コーナー

先週は鯛のカマ焼きを紹介しましたが今日はこれです

 

 

 

嫁のお父さんからのいただき物で小アジをいただいたので天ぷらと唐揚げにしました

 

身がフワフワで美味しかったですしビールとの相性も抜群でした

 

 

次はこれ

 

 

まあ牛肉のこま切れなんですけど

 

これ何かといいますと、鹿児島県肝付町のふるさと納税の返礼品でもらった牛こまで、これですき焼きをしようということになりました

 

焼いて

 

 

 

 

 

食べます

 

 

 

うまい!!

 

脂身が多かったからクドいかなと思いましたが脂身があっさりしててうまーーー!!

 

この返礼品はあたりっすね

 

美味い物が食べれてさらに税金も安くなるなんて素晴らしいじゃないか

 

私も三重県松阪市という土地で住んでいるので松阪牛なんて口に入れることはないのですが、他の土地で住んでいる方よりは牛肉の味にうるさい人は多いと思いますがこの牛肉は本当に美味しかったので生産者のリンク貼っておきます

 

鹿児島県肝付町 新村畜産

https://www.shinmurachikusan.com/

 

予想結果

 

本題いくまでがなげぇー

 

千鳥ノブ風のツッコミが入りそうですが・・・

 

私の予想は

◎ 2  クロノジェネシス(3着)

◯ 15 ビーチサンバ(15着)

▲ 8  ダノンファンタジー(5着)

 

結果

 

三連勝でオークスを迎えた1番人気のディープ産駒ラヴズオンリーユーの快勝で終わりました

 

私は折り合いを欠くレースをするのではないかと思い軽視していましたがレース前から落ち着いた雰囲気でレースも1頭だけ後方からぶっ飛んでくる強い内容での勝ち方でした

 

 

2着もディープ産駒のカレンブーケドールでした

 

スイートピーS組で馬券圏内に入ったのはカワカミプリンセス以来だと記憶しております

 

私はスイートピー組なんて来ないでしょって感じで予想もしていないので話になりません

 

この結果だけみるとウマゲノムで予想している僕は忠実にウマゲノム予想をしていればディープ産駒初G1参戦鮮度バリバリで簡単に取れるレースだったことがわかります

 

今井雅宏さんの次に出る本に教科書として出てきそうなレースですね

 

このレースを取れないのが前山なんですねぇ・・・

 

 

3着は私の本命クロノジェネシスでした

 

この馬は馬群が苦手なタイプと私は見ているので内枠に入った時点で先行しかないなと思っていたのですが北村騎手も解ってか先行してくれたので僕としては北村騎手は好騎乗したと思っています(賛否あるとおもいますが)

 

中~外枠ならば中団くらいから競馬する自分のスタイルで競馬できたと思うのでもしかしたらもっと良い着順を拾えたのかもしれませんが今回は2番を引いてしまったのでこれも運ですね

 

秋も頑張ってね

 

 

私の対抗ビーチサンバは15着と惨敗でした

 

まあ若い女の子なのでいろいろあるのでしょう

 

 

▲に評価したダノンファンタジーは5着と健闘しました

 

この馬も折り合いが懸念されていましたが川田騎手の好騎乗で馬群に入れて折り合っていましたが直線はジリジリ伸びてなんとか掲示板確保といったところでした

 

2歳の時から重賞で活躍しているディープ産駒ダノンファンタジーなので今回1.2着に来たディープ産駒は初重賞初G1だったので結果的に鮮度の違いが勝敗を分けたのだと思います

 

まとめ

今回はとにかく鮮度ディープ産駒ワンツーということで簡単に取れたレースを外す結果になりましたがこの反省を生かして今週末のダービーの予想をしていきたいと思ってます

 

今回のオークスはディープ×母父ストームキャット系の2頭で決まっていて今週のダービーで出てくるダノンキングリーはまさしくディープ×ストームキャットなのでどうなるのか?

 

ただ重賞は走っているので鮮度はないと思いますが・・・

 

 

今日は以上になります

 

いよいよ明日からダービーの予想に入ります

 

明日以降もよろしくお願いいたします

 

前山 千尋