ヴィクトリアマイル2019 一応予想発表

ヴィクトリアマイル2019 一応予想発表

おはようございます前山です。

 

今週もいよいよレース当日を迎えております

 

予想ムチャクチャ難しいですがオッズも当然割れておりまして

 

17番人気まで単勝オッズが100倍以下なので割れております

 

さてさて予想はどうなることやら

 

 

今週平日に行った予想とオプションをまとめた表が以下になります

点数ベスト3

9点 11  アエロリット

6点 15  カンタービレ

4点 18  フロンテアクイーン

 

以上の点数を参考に現時点での予想を発表します(当日の馬場を見て変更する場合あり)

 

◎11 アエロリット

こちらは点数がずば抜けたので信用して本命にします

 

前走はアメリカ遠征で着順を落としましたが元々関西遠征でも走らない馬がアメリカで走る訳がありません

 

今回遠征後の休み明けが危惧されて人気を落としているように見えますが休み明けは走りますし、なんといっても今のトレンド”ノーザンファーム天栄”での外厩仕上げなので仕上げに関しては抜かりなしだと思います

 

平日のアエロリットの予想でも書きましたが安田記念はアーモンドアイが出るのでアエロリット陣営としては今回の方が気合が入っているのではないかと思ってます

 

アメリカ遠征の走りにくい状況から自分の庭”高速馬場の東京1600”に戻ってきて最高の走り頃を迎えたと思われる同馬を本命にしたいと思います

 

◯9 プリモシーン

点数3点の同馬が対抗になりました

 

京王杯SCでレコードタイムが出るほどの高速馬場ということでディープ産駒に重い印を打とうと思っていて平日の予想の段階では”レッドオルガ”の方が重い印だったのですがこちらの方を上位にしました

 

同馬は3歳の夏の時点で51キロではありましたが関屋記念で1:31:6で勝っているので高速決着は得意と見ました

 

左回りもこの競馬を見て大丈夫という判断です

 

関屋記念は初古馬挑戦の重賞で51キロと鮮度バリバリ状態ではありましたが今回への適正を見るには十分です

 

福永騎手でもう少し人気を落とすかと思いましたが3番人気となってます

 

福永騎手は自分から動かして行かないといけない馬では仕掛け遅れが指摘されますがプリモシーンのような軽めの切れ馬では上手く乗ってくれる騎手だと思ってるので頭はなくても2.3着には持ってきてくれるかなと思っております。

 

なので牝馬のG1ではそこそこ成績が良いのだと思ってます

 

欲を言うと前走もう少し負けていて欲しかったですが勝ってはいないのでストレスもそこそこだと思うので対抗評価にします

 

▲15 カンタービレ

点数6点の馬です

 

まあ馬と言うよりかはG1で”デムーロ”は外せないということです

 

先週まで不調の”デムーロ騎手”でしたがNHKマイルカップ勝ったので、そろそろ確変モード入るのではないかと思ってます。

 

なので加点対象としてG1限定でルメデムは2点追加にしました

 

馬的には高速馬場への対応が少し疑問に思う部分があります

 

前走の阪神牝馬Sで本気で追ったら勝てそうだったのに残り200くらいからデムーロ騎手が全然追っていなかったので臨戦過程としては最高に良いと思っています

 

デムーロ騎手は先週のNHKマイルカップを見ても外伸び馬場と見たらアドマイヤマーズの位置取りをいつもより少し下げて競馬をしたり、その時の状況を見て良い位置で競馬を出来るジョッキーだと思うので信頼して買いたいと思います(先週までは1ミリも思っていなかったが)

 

高速上がりの対応は大丈夫なのであとは平均ラップ11秒前半に対応できるかがポイントになってきますが人気を考えると魅力のある馬であります

 

△2 レッドオルガ

この馬はMの法則を使っている人は本命にしている人が多い馬だと思います。

 

ディープ産駒初G1参戦・東京実績◎・高速馬場実績◎

 

とにかく買いの要素しかないので本命にしようと思っていたのですが枠順発表を見て最終的に△まで印が落ちました

 

1番の理由がやはり2番という内すぎる枠順でデムーロや岩田騎手だったら問題ないのですが、北村・福永のダブルユーイチだと評価を落とさざるえません。

 

今回は人気馬なので内枠に入った以上被されるリスクは絶対にあるのでG1ですし包まれて終わる可能性もあるので印を落としました

 

まあ騎手が信用できないという話です

 

馬は今回の臨戦過程は最高なので頭まであると思います

 

☓1  アマルフィコースト

☓13 サトノワルキューレ

 

以上のような予想になりました

 

馬券購入はtwitterとfacebookで発表します

 

前山 千尋